お知らせ

人材育成のHRIホーム > セミナー・研修情報 > 中国現地での販売力強化セミナーを弊社セミナールームにて開催

中国現地での販売力強化セミナーを弊社セミナールームにて開催

中国・内需を取り込むための法人向け販売展開の
事例紹介とその戦略

2014年 10月22日(水) 開催

中国現地での販売力強化セミナーを弊社セミナールームにて開催させていただきました。

講師に上海より自らの社会人経験を活かして中国で研修を行っている、古賀傳尋氏をお招きしました。古賀氏の日系現地法人のCEOとして経験してきた、「日本人と中国人の両面の観点から捉えた、コミュニケーションのあり方」を部下育成に活かして、販売力を強化してきた取り組みについて、語っていただきました。

具体的には、下記の内容を実例を交えながら話していただきました。

  • 中国現地での販売力強化セミナーを弊社セミナールームにて開催 講演者 古賀 傳尋氏
  • 中国現地での販売力強化セミナーを弊社セミナールームにて開催 講演者 古賀 傳尋氏

共通のスキルとしてコミュニケーションを強化する

1.相手の立場に立ったコミュニケーション力を強化する
2.相手に対して、相手がして欲しいと思うことを先に提供する
3.これら通して相手の自分に対する好感度を上げ、信頼を築き、相手や相手企業の情報をつかむ

営業力を強化する

1.得た情報から誰に、どう、どのタイミングでコンタクトしたらよいかを明確にする
2.有効な攻略方法とコンタクトする順序を明確にする
3.以上を繰り返す事により営業マンが自分からできるようになる

販売力を強化する

できる営業マンが増え、会社の営業力が底上げされ、会社としての販売力が強化される

 

事例として、日本では営業を性善説で捉えています。ですが、中国では最初から、性悪説で相手を捉えること。そのうえで、相手と信頼を築きながら、人としての交流を深めていくという、お国柄としての違いの話がありました。

中国ならではの、日本とは違い正攻法ではないやり方や、人脈をどう活用するかなど、リアルな話の内容にうなづかれている方も多くいらっしゃいました。

弊社ではこのような内容を実際の業務に落とし込んで、実行していくための支援をさせていただいています。
ご興味があればお気軽にお問い合わせいただければと思います。

そして、セミナー後の質問時間には、「接待できない現状のどう対応するのか」「販売するうえで代理店制度か直販どちらが有利か」「相手の嘘を見抜く方法は?」などと質問が上がっていました。
ここでも経験事例を重ねながら分かりやすく説明していただきました。

講演者紹介

古賀 傳尋(こが でんじん)

パートナー トレーニング講師

横浜国立大学の大学院卒、国際経済学修士の学位を取得。
建材業界上場会社にて営業マンから海外部中国室室長など歴任。その後中国現地法人の取締役兼現地法人の社長など高級管理職を経て、大中国地域総括責任者(CEO)に就任した。
市場開拓から、全国規模で販売ネットワークの構築、大型プロジェクトの入札および施工管理、中国で子会社の立ち上げ、工場建設など実務に携わる長年の実践経験がある。
具体的に
日中両国のビジネス作法を熟知し、管理経験も豊富。かつ、企業の経営戦略決定活動にも携わった経験もあり、日系企業の中国進出コンサルティング実績もある。
経験を活かした実践するためのトレーニングを9年以上行い、「実戦にとても近い」と顧客や受講者からの好評を受けている。

三坂 健

HRインスティテュート 取締役・海外事業責任者 チーフコンサルタント

ベトナム・韓国現地法人共同代表。
ベトナムへの進出支援、ベトナム・韓国での現地人材育成をサポートしている。

八島 熱典

HRインスティテュート 中国事業担当 コンサルタント/コーチングプロコーチ

上海市 復旦大学卒業
中国上海で日系設備部品メーカー上海現地法人にて開拓営業、セールスエンジニアを担当。その後、社内人財育成、顧客向け技術勉強会、設備開発支援、商品企画、営業マネジメント体制策定とその運用、外部パートナー開拓&マネジメントを担当。
2012年より人財育成を専門に取り組むためにHRインスティテュートに参画。
中国向け新規ビジネスプラン策定、新規商品開発支援、現地営業プラン策定支援などに関わる。他に、論理的思考力研修、プレゼンテーション研修を大手企業向けに実施している。

ページトップに戻る

ページ番号:HH-0162


コンサルティングメニュー