お知らせ

人材育成のHRIホーム > お知らせ >元本田技研工業(株) 経営企画室長 小林三郎氏がビジョンハウスで講演!

元本田技研工業(株) 経営企画室長 小林三郎氏がビジョンハウスで講演!

HRIメンバーが「この人の話が聞きたい!」
という方をお招きしてお話をきく
「ビジョンハウス研修」
第10回目を4月30日(木)開催しました。

今回のゲストは
一橋大学大学院国際企業戦略研究科
客員教授の小林氏。
小林氏は本田技研研究所で長年にわたり
エアバックの開発を担当されてきた方です。

ご講演のテーマは
「ホンダ DNA〜創造性を鍛え挑戦する文化」
でした。

小林さんをひと言でいうと
ホンダの魂のエバンジェリスト!です。

お話はすべて小林さんがホンダで体験されたことですが
深く、本質的で、魂をゆさぶられるものでした。
実際お話を聞きながら涙していた方もいました。

内容すべてを紹介できないので印象に残ったフレーズを
一部ランダムに紹介します。

・イノベーションにロジックはない。「感じる」ことが大事
・「哲学なき行動(技術)は凶器であり、
 行動(技術)なき理念は無価値である」(本田宗一郎)
・リーダーにはオーラが必要。オーラの元は哲学
・いつも「A00=基本用件・目的・夢・ありたい姿」を問う
・それは本当に価値か?
・あなたの人生の目的は?
・原体験は本質の宝庫
・ベンチマークは「差」をつくる。「差」ではなく「違い」をつくるべき
・今までのことをよく知っている人ではダメ。
 企業が伸びているとき年寄りはいない
・いい上役なんかいらない。クレージーな(哲学のある)上役になれ
・組織には3割くらいヘンなヤツがいていい
・「無駄な奴は一人もいない」(本田宗一郎)
・ルールは4-5年で消えるのが理想
・「愛とは何か」で6時間の議論
・正解のないことに関して議論しようと思ったら語彙が必要
・ワイガヤは20回やって白帯、40回やって黒帯
・イノベーションには熱意・やる気が必須
・多数決・合議・ロジックからクリエーションは生まれない
・創業期がイノベティブなのは意思決定者が1人だから
・ホンダはノリのいい知的興奮集団
・活力の源泉は気高い目標・夢
・人間はもともと気高い
・イノベーションに対してオペレーションの質問をする愚
・ラインの人が「ホンダは俺でもっている」と言う。
 それはおやじさん(本田宗一郎)が肩をたたき手を握り
 「あんたがいてくれるから助かってる」と言っているから
・ホンダは「そりゃそうだよなぁ」をちゃんとやった会社

小林さんすばらしいご講演をありがとうございました。

uchi

ページトップに戻る

ページ番号:HH-0111


過去のセミナー&お知らせ