私たちのソーシャル活動 自分のため、人のため、人々のために生きる

人材育成のHRIホーム > 会社案内 > 私たちのソーシャル活動 > Touch!東北プロジェクト

Touch!東北プロジェクト HRインスティテュート野口・稲増よりメッセージ

野口吉昭より

祈り・希望・勇気・大いなる準備!

稲増美佳子より

みんなの信じる祈りが力となる

野口吉昭より 祈り・希望・勇気・大いなる準備!

野口吉昭

2011年3月11日 14:46ごろ
私は、銀座4丁目を歩いていました。
その日は、午前中から人間ドックで銀座のクリニックに
行っておりました。

クライアントとのミーティングが
15:00に銀座1丁目であるので移動中でした。

何が起きたか、その瞬間はわかりませんでしたが
銀座のビル群が大きく横揺れしていました。
多くのビルから尋常な様子ではない人々が外に出てきました。
直下型の地震か?と思いましたが
映画のシーンを観ている感じの数分間で揺れは止まりました。

その後、持っていた携帯ラジオをつけて、
宮城県沖が震源であり津波の恐れがあることを
すぐに知ることもできました。

数十分後の茨城県沖の大きな余震の際は
クライアントとミーティング中でした。
ビルも相当、揺れました。

クライアントの東北地方におけるエリア拠点の被害状況の
速報が伝わり、ミーティングは中断することになりました。
私は、移動することになったのですが
一緒にいた稲垣コンサルタントととりあえず
横浜・川崎方面へ徒歩で移動を開始しました。
日比谷通り、第一京浜はまるで朝のラッシュ時のようでした。

途中、メールで、
原宿の弊社のオフィス〜ビジョンハウスに
8名のHRIメンバーがおり
彼ら彼女らが自分たちの判断で
述べ50名にもなる周囲の帰宅できない方々を
お招きし、安全を確保していることを知り
誇りと喜びを感じることができました。

その後、途中で二人で食事をして
結局は、自宅の横浜まで
約30キロを歩いて午前3時前に帰宅することができました。

TVをつけて
愕然としました。
インドネシア沖地震の津波レベルを超える
大津波を目の当たりにすることになったのです。

まだまだ消息不明の方々、既に、ご遺体として
帰らぬ人になってしまった方々は
最悪の2万人近くなりそうです。

避難所に逃げられた方々も
被災後の生活が
寒さ、物資不足、インフラの断絶など
多くの困難の中で過ごされていらっしゃいます。

福島原発の問題は、
相当クリティカルであり
ガイガーカウンターのリアルタイムを示すUストリームサイトも
多くの方々からクリックされている深刻さです。

原発対応の方々は、1基あたり50名以上と聞いています。
数百名の方々が、命を賭けて今も現場で闘っていらっしゃいます。
津波被害規模の読みの甘さなど・・・リスクマネジメントの問題はあるでしょう。

しかし、今は、リスクマネジメントの指摘や非難をする前に
彼らの無事の作業遂行と原発沈静化を
心から祈るべきだと思います。

「Pray For Japan」
の動きも赤十字、CNN、各国TVネットワークなどだけでなく
Twitter、Facebook、YouTube、他SNS、ブログなどの活用で
世界的に大きくなっており
日本、日本人への愛ある祈り、慈しみある祈りという支援・応援となって
想像をはるかに超える多くのメッセージが大きなうねりになっています。

特に、日本人の被災地での対応、首都圏での対応における
「周りの人々を大切にする心」、「冷静さを維持しようという意志」、
「行列に耐える辛抱強さ」、「復興への決意と勇気」、
「日本・日本人の能力への確信」などは、
改めて海外からのメッセージに接して
日本人としての誇り、日本人として自分たちのなすべきことを
身体の芯から考えさせられます。

まだまだ、復興・再興への動きどころではないでしょう。
消息不明の方々の数も甚大です。
原発事故レベル6と考えられる原発の処理は、現在進行中です。

しかし、被災の少ないエリアの日本人は
できるだけ速やかに、
「大いなる準備」
「次なるミッション・ビジョン」
を考え始めていかなければならないのではないかと思います。

私たちは、救援・支援・応援を段階的にはじめ
ここ数十年の閉塞感に満ちていた日本社会を
まったく今までにない
世界をリードする新たな価値観のもとで
日本・日本人のミッション・ビジョンを掲げて、
勇気ある前進、愛ある闘いを
被災者のみなさんといっしょに
実践していかなければなりません。

今後、私どもHRインスティテュートでは、
独自の考えのもと、寄付活動・ボランティア活動を
HRIウェイに従って計画し、実行していこうと思います。

その際には、みなさんのご協力を賜りたいと
切にお願い申し上げます。

最後に
亡くなった方々の御霊に哀悼の祈りを
消息不明の方々に奇跡の手の祈りを
避難所で生活されている方々に優しさと希望への祈りを
福島原発・東京電力・東北電力(他インフラ復興を進めている方々)
の各現場で過酷な作業をされている方々への無事の祈りを
捜索・支援・警備・運送などを現場でなさっていらっしゃる
自衛隊・警察・消防隊・行政の方々への無事の祈りを
心からささげたいと思います。

私たちは、大いなる準備!
をはじめていきたいと思いますし
はじめるべきだと思います。

心から心から心から・・・祈りんく!

2011年3月16日

代表 野口吉昭


稲増美佳子より みんなの信じる祈りが力となる

稲増美佳子

今、必要なことは、がんばっている人たちへの
応援のメッセージです。
彼らを信じ、感謝する祈りです。

「中国政府と同様に非難を逃れるために史上最大級の
9.0とした」という発言をしている人もいるようです。
しかし、あくまでも主観的な推測であり、今後世界中の
データをもとに検証されるべきことです。

東電さんや政府の隠ぺい体質や、偏狭な官僚タイプ
の方々がエネルギー政策に関わってきたことは
あったかもしれません。

しかし、いまは東電さんと政府を信じて、応援する
しかない状態です。
そして、今がんばっているのは、命をかけている彼らです。
今は、私たちが「あなたたちの力を信じています。
やれる限りをやってくださっていることを信じています。
ありがとうございます」
という応援メッセージが必要です。

彼らが何のためにやっているのか。
エンジニア魂をかけてやっていると思います。
日の丸を背負っていると思います。
ということを、信じて奇跡と希望を引きよせる
のが、私たちの祈りです。

信じて祈る。
愚かなまでに信じて祈る。
かれらは、いま私たちの強い強い信じる祈り
の力が必要なのだと思います。
高い放射線のなかで、必死で戦っているのです。
私たちが、信じて祈らなければ、彼らの命が
かかっています。

今回、わたしは改めて自分の国や自分たちの
選ばれし人たちのことを信じられないとしたら、
それは誰がそんな状態にしているのか。
自分ではないか、と思いました。
愚かなまでに信じていたい、と心から思いました。
だから、期待され応援された人はがんばれるのです。
なにかだれかを非難するのは簡単です。

何を信じてもらいたくて、どんな世の中を
創りたくて発信するのか。
私は、お互いが信じあえる社会、尊重し合える社会、
大切に思いやれる社会。
そのためには信頼がベースです。
愚かなまでに、信じる力。
人はすばらしい。人は乗り越えていける。
信じる力が奇跡を呼ぶと信じます。

たしかに一部の人がいうように彼らは逃げて
最悪のことが起こるかもしれません。
でも、いまがんばっているのは確かです。
それを信じていることを「愚かな国民」といわれれば、
まさに「愚かな国民」でいい、と思います。
愚かなまでに信じようとする国民は、
それはそれですごい。
そういう国民がいるからこそ、本来為政者は
命をかけてがんばれる。

2011年3月16日

Mercy

ページトップに戻る

ページ番号:HB-0201


私たちのソーシャル活動