経営力の強化

人材育成のHRIホーム > コンサルティングメニュー > 経営力の強化 > 経営塾 / リーダー塾 > 階層別教育研修プログラム

階層別教育研修プログラム

階層別研修プログラムの主な特徴

使える・実践重視プログラム

私たちは「主体性」を『責任と価値づくり』と定義しています。
企業における階層別研修は、社員の方々に『責任と価値づくり』を自覚していただくだけでなく、
時代の変化に対応し、現場に強く、新たな価値を創出していただく育成システムとして、
極めて重要な仕組みです。

この仕組みの愚直な実践によって、はじめてその企業ならではの「ウェイ」が、
現場において成果あるものとして結実していきます。

本プログラムによって、御社の更なる発展にお力添えができることをHRインスティテュートメンバー一同、確信しております。是非、貴社の階層別研修プログラムの中に本プログラムの導入をご検討いただければ幸いです。

株式会社HRインスティテュート 代表 野口吉昭

お問い合わせ

現状の階層別研修の問題点

実践型階層別研修への変革

研修企画担当者の声

現場(受講者)の声

つまり、階層別研修の位置づけの曖昧さが、「場当たり的対応」や「変化への後手後手対応」に繋がり、
受講生の困惑を招いているケースが数多く見受けられる!

 

階層別研修とはウェイづくり!

階層別研修とは、ウェイづくりそのもの

ウェイとは その企業らしい人・組織の動き方、動かし方のこと。
ヒト・モノ・カネ・情報に続く、第5の経営資源として注目されています。
ウェイのある組織は、そこに集うメンバーの思いを結集し、その力を統合することで、
長期的な価値創造を実現することができると考えます。

階層別研修とウェイとの関係

HRインスティテュートの階層別研修体系

HRインスティテュートの階層別研修体系

その企業らしい「ウェイ」づくりを基本においた
階層別研修がこれからの方向だと確信しています。

知識偏重でなく成果偏重!

HRインスティテュートの階層別研修体系

「現場行動」を変えてこその階層別研修

知識やスキルを身につけただけでは不十分。
意識を変えることで、現場での行動を変える。
一人ひとりの行動を変えることでウェイに繋げる!

全体フレーム

現場での実践重視!演習中心の構成!

階層別研修プログラム一覧

上級管理職研修 プログラム
(MA:マネジメント・アドバンス)

ミッションを浸透させ、実現に向けてのビジョン設定、具現化するための戦略シナリオを策定

経営者研修 プログラム
(MI:マネジメント・イノベーション)

変革を起こすことの重要性を理解し、健全な危機意識を醸成する

階層別研修プログラム担当

お問い合わせ

詳細情報やサービスに関しては、お気軽にお問い合わせください。

  • インターネットで

    お問い合わせ

  • お電話で

    03-3423-3201
    受付時間:9時~18時

ページトップに戻る

ページ番号:HE-0102


コンサルティングメニュー